映画の製作(映画制作の仕事)について【シネマワーカー】

シネマワーカー〜映画について研究するサイト〜
来訪、ありがとうございます。
当サイトはリンクフリーです。
サイト内で使われている映画の「キーワード(職業・言葉・情報)」をチェック!


Home
このサイトについて
    サイトマップ
映画の仕組みとは?
  映画製作について
  映画配給について
  映画興行について
職業別「○○になるには?」
  映画監督
  映画俳優・役者
  脚本家・シナリオライター
  映画カメラマン・撮影監督
  照明技師・照明スタッフ
  美術監督・美術スタッフ
  映画スクリプター・記録
  編集技師・編集スタッフ
  映画配給会社に就職するには?
  映画翻訳家・字幕翻訳家
  その他の職業
映画業界に就職するには?
  映画界で就職・成功する秘訣
  ネットで探る映画の仕事情報
  映画に関する疑問・質問FAQ
映画関連リンク集
管理人の雑感日記
掲示板:みんなの映画フォーラム
映画に関するアンケート
シネマワーカーへのメール



映画・映像業界就職ガイド 2010
映画検定を企画・運営したキネマ旬報映画総合研究所が編集。世界一歴史の長い映画雑誌・キネマ旬報のコネクションを最大活用!通常では手に入れることのできない最新情報、そして業界の本音の声が収録。10年版から新コーナーとして、最新の【映画業界10大トピックス】を掲載!わかりやすい解説とともに、面接で、筆記・作文問題などでライバルと差をつけられる業界知識満載!学生たちがもっとも頼りにしている映画・映像ダイレクトリーも掲載。スタッフ募集が一般公開されていないことの多い業界の中でどこに連絡すれば良いのかが一目瞭然!

図解入門業界研究
最新映画産業の動向と
カラクリがよーくわかる本
映画産業は、日本経済の重要な牽引役であるメディア産業の一角を担い続けています。本書は映画産業の最新情報と、業界の仕組みを解説した入門書です。近年は、欧米以外にも韓流、華流など、アジアからの配給も増え、一方で、輸出産業として日本映画が海外でも注目されるようになりました。本書は、その他、アニメ業界の実状、巨大な製作費をまかなうハリウッド型資金調達、映画コンテンツのマルチユース化やフィルムコミッションなど、ホットな話題を取り上げつつ、映画産業の現状と課題をつぶさに紹介。業界関係者や就職希望者はもとより、映画ファンにもおすすめの一冊です。

エンタテインメント業界就職2005
テレビ、ゲームなど全てのメディアを通じて私たちの見ている映像ソフトを創り、マルチメディア時代到来で活気づく、旬な映像業界のすべてを紹介。プロダクション会社への入り方、仕事の実際なども掲載。

映画・映像業界就職ガイド 07
映画・映像業界で働きたい人はこの本から! 業界研究・採用情報・体験談をこの1冊に凝縮。映画業界のお仕事解説、人気企業の採用担当者と先輩社員へのインタビュー、業界人が語る欲しい人材・いらない人材、採用試験対策、主要会社ダイレクトリーなど、映画・映像業界で働くために、まず何をやるべきかが見えてくる1冊です。

映画・アニメ・CMの全仕事 (2006)
映画・アニメ・CM業界の仕事を関係者67名のインタビューを中心に職種&企業ごとに徹底解剖。

映画プロデューサーの基礎知識
これだけは知っておきたい、プロの映画人が教える映画作りのための知識とノウハウのすべて。映画プロデューサーをめざす人や映画産業に進出しようとする異業種の人にとって、映画ビジネスの一通りを理解する格好の入門書。

映画監督になる15の方法
映画監督になりたい。でもどうすればいいのか分からない。どうすれば映画監督になれるか、日本映画界で活躍する監督15人に聞く。

映像プロフェッショナル入門
映画・テレビクリエーターのために
映像業界のクリエーターを目指す人必携!基本的な映像理論の解説から機材の操作、演出、シナリオ、音響、美術、編集、そして最新の特殊効果まで、本当に必要な映像知識・技術テキスト。

一人でもできる映画の撮り方 
撮影テクニックからパソコン編集、アニメ製作、公開方法まで、単独走破の映画製作、その全行程を徹底解説した完全マニュアル。

巨匠たちの映画術
映画監督には「巨匠」と呼ばれる映像作家がいて、自分が作り上げた映像文体をかたくなに守り続けている。彼らは何を表現しようと思い、どのような方法を取ったのか。16人の巨匠から映像作りの基本を学ぶ。

図解映像編集の秘訣
特撮・時代劇・ドキュメンタリーなど素材別の編集の基本から、場面転換の効果、ダイアローグや音の編集まで、映像に生気をあたえる編集の具体的なテクニック、ノウハウを詳細解説。



「映画製作」で
売れている本はコチラ!

映画の製作ってなんだ?
そのままですが、映画製作は映画を製作してるところです。
では、だれがどんな風に映画を作っているのでしょうか。
ここではそういったことについてまとめてみました。

■誰が映画を作っているのか?
■映画「製作」と「制作」の違い
■映画製作をするプロダクションについて
■映画製作にはどんな仕事があるのか
■映画製作に関するリンク
■映画製作に関する情報
■映画製作に関する疑問・質問
■映画製作に関する掲示板



誰が映画を作っているのか? (映画製作の現状について)
その昔、日本映画が今よりずっと盛んだった頃、映画会社では自分の会社で映画を制作するのが当たり前でした。それぞれの会社が、自分たちの撮影所を持ち、自分たち専属の俳優、監督、スタッフを一社員として雇って映画を作っていたのです。
(これを俗に撮影所システムなどといいます)

しかし、次第に映画産業が衰退していくと経営が苦しくなった映画会社は次々と制作部門(撮影所システム)を放棄し、今ではほとんどの会社が自分たちで映画を制作しなくなりました。

その結果、現在ではそういった映画会社から独立したプロダクション(映像を作る会社)が代わりに映画やその他の映像制作の仕事(CMやテレビなど)を請け負うようになりました。

現在の映画のほとんどは、このように映画会社から注文を受けたプロダクションが映画を制作するシステムになっています。

製作と制作の違いについて
ややこしくなる前に、ここで「製作」と「制作」の違いについてはっきりさせておきましょう。一見どっちでもいいような気がしないでもありませんが、一応それぞれ意味が違うようです。経済産業省が公表している資料によると、

映画を撮影する作業などつまり作品を創造する実作業を制作といい、
企画立案や製作費集め、配給、興行など
(制作を含める)映画の全過程を示すものが製作


なのだそうです。ただ、これはあくまで映画における定義のようで、テレビやCMなど他の場合では異なる可能性もありますので、使い方には十分注意した方がよさそうです。(特にプロダクションは映画以外の製作をする場合も多いので・・・)

映画製作をするプロダクション(映像製作会社)について
上でも触れた通り、最近では映画会社が自分たち(自社)で映画を制作することが少なくなってきました。その代わりに映画を制作しているのがプロダクション。つまり、映像制作会社です。

なるほど〜、じゃあ映画を撮影するとかの仕事をしたかったらプロダクションを目指せばいいんだね。
うむ、まあそんなところじゃ。ただ、気をつけなければいかんのがプロダクションといっても世の中にはいろいろなプロダクションがあるということじゃ。

プロダクションの種類

企画系プロダクション
(主に企画や立案といった業務を行う)
技術系プロダクション
(主に制作上の技術的部分を請け負う)
・劇映画プロダクション
主に映画を中心に制作している会社

・産業系プロダクション
主に企業や自治体のPR、学校教材や公共団体で使われる映像を企画、制作している会社

・TV、CMプロダクション
文字通り、広告代理店等からTV番組やCMを企画制作している会社

・ビデオプロダクション
映画はもちろん、ミュージックビデオやVシネなどのビデオ企画・制作をしている会社
・プリプロダクション
撮影現場に必要な専門的な仕事(撮影や照明、録音、特機など)を専門に請け負う会社

・ポストプロダクション
撮影したものに専門的な加工(編集、合成、字幕製作など)を請け負う会社

・CGプロダクション
文字通り、CGを請け負う会社

などなど・・・
この通り、プロダクションといっても分業化されておる。就職する前には、当たり前じゃが、自分のやりたいことをしっかり決めておく必要があるぞ。
う〜ん、そうか・・。プロダクションならどこでもいいというわけじゃないんだね。
自分のやりたいことか・・・。
まあ、そう慌てず、まず製作でどんなことが行われているか調べてみてはどうかな?

映画製作の過程にはどんな仕事があるのか?
では、実際映画製作ではどんなことが行われているのか、映画製作の流れについて考えてみましょう。映画製作の過程は大きく4つに分けることができます。
それは「企画」「準備」「撮影」「仕上げ」です。

ひとつの映画ができるまで
企画(ディベロップメント)
主な動き 主な作業
企画
プロット、箱書
絵コンテ(ストーリーボード)
シナリオハンティング
脚本(準備稿)
・・・など
1 企画(ディベロップメント)
映画製作は企画から始まります。「どんな映画をどうやって作るのか?」タイトルからストーリー、出演者にスタッフ、バジェット(予算)、スケジュール、プロモーション(販促)、興行などいろいろな要素を検討し映画にふさわしい企画を考えます。

企画が決定すると監督や脚本家が集められ企画がより具体的に検討されます。脚本が何度も書き直され、資金調達が始められ、映画は次の段階に進みます。

プロット・・物語のあらすじのようなもの。
シナリオハンティング・・・脚本を書く上で必要な調査
絵コンテ・・・映像のイメージを絵にしたもの
準備(プリプロダクション)
主な動き 主な作業
脚本(決定稿)
メインキャスト・スタッフ編成
キャスティング交渉
スタッフィング交渉
スケジュール作成と決定
スタッフ編成
ロケーションハンティング
美術打ち合わせ
予算会議
キャスト決定
衣装・デザイン打ち合わせ
本読み・リハーサル
オールスタッフ打ち合わせ
撮影準備
(機材選定・カメラテスト)
宣伝スチール
・・・など
2 準備(プリプロダクション)
企画が固まると撮影の準備に入ります。ここではスタッフの編成(契約交渉)、出演者の決定(キャスティングやオーディション)、撮影する場所探し(ロケーション・ハンティング通称【ロケハン】)などが行われます。

スタッフが決まると、この映画にはどんなものが必要なのかキャメラマン・美術・照明・衣装・メイクなど各スタッフが映像化へ打ち合わせをし、撮影に向けた下準備を行います。

また、プロデューサーは映画がうまくいくように配給や興行(権利の契約や宣伝など)についても平行して進めていきます。脚本家は主要スタッフの意見を取り入れ企画(準備稿)をより熟成させ、脚本(決定稿)を完成させます。

各スタッフの打合わせにより最終的なスケジュールや予算が決定し、映画は撮影へと進みます。

本読み・・・出演者、スタッフ等で脚本を読み合わせる作業
撮影(シューティング)
主な動き 主な作業
撮影台本作成
クランクイン&アップ
ロケーション撮影
セット撮影
ネガ現像
ラッシュ
・・・など
3 撮影(シューティング)
入念な準備が整うと撮影が始まります。昔はクランク式カメラが撮影に使われていたので、この撮影開始を現在ではクランクインと呼んでいます。撮影は脚本を基に作られた撮影台本によって行なわれ、監督を中心に各スタッフによって進められていきます。

また、撮影中天候の変化や不慮のアクシデントに対応するのが、制作部の仕事です。制作部はスタッフ・出演者の食事や宿泊の手配、ロケ地の許可や予算、スケジュールを管理・調整します。

監督が撮影済みのフィルムを現像したもの(ラッシュ)をチェックし、出来を順次確かめ、問題がなければ撮影は終了(クランクアップ)となります。

ロケーション(とは?)
スタジオ撮影と区別して主に屋外撮影を意味する。通称ロケ。
ラッシュ(とは?)
撮影されたフィルムを現像してすぐの未編集のフィルムのこと。
仕上げ(ポストプロダクション)
主な動き 主な作業
編集、オールラッシュ
アフレコ
音楽選曲・リーレコ
音響効果・ダビング
タイトル挿入
オプチカル
(光学処理・特殊効果)
ネガ編集
現像・色彩調整(タイミング)
映倫審査(0号試写)
初号試写
プリント
・・・など
4 仕上げ(ポストプロダクション)
撮影が終わるとポストプロダクションという仕上げの段階に入ります。このポストプロダクションで撮り終えた素材を料理します。つまり、どのカット(映像)をどの順番で見せていくか、どんな音楽をどのタイミングで流すか、視聴覚的に映画を編集します。

ここでは特殊効果などのオプチカル(光学処理)、デジタル処理、サウンド(セリフ、効果音、BGM)、ダビング(録音)、編集作業などが行なわれます。そして、色彩調整や映倫審査が行なわれた後、やっと映画が完成します。

アフレコ・・・撮影後に録音すること。
リーレコ・・・撮影中に同時録音された音や後から加えられた音を調整し、サウンド・トラックに録音し直す作業。整音。
オプチカル(光学処理)・・・
2つ以上の映像を光学的に重ね合わせて1本のフィルムに焼き付けるなどの合成技術。
初号試写・・・いわゆる関係者の試写会。

完成
以上の流れを経て、映画は制作されます。
かなり大まかになってしまいましたが、
製作の流れをなんとなくわかってもらえれば幸いです。

映画製作に関するリンク
なんだか私の説明じゃよくわからんという方に映画製作に関するサイトをご紹介。
■eigaf@n.com
・映画製作の豆知識
映画製作について教えてくれる素晴らしいサイト。なのですがなぜかスタッフィングで更新が止まってる状態…今後に期待。
■経済産業省
「コンテンツ産業政策」

・映画製作[PDF]
普段は経済産業省のサイトなんて絶対見ない私ですが、こんなナイスなファイルを発見。PDFで読みにくい気もしますが内容はさすが。
「映像製作の収支構造とリクープの概念」「配給・マーケティング」など他のテーマも読み応えあるのでおすすめです。
■バンクーバー
映画留学日記
映画製作を追ってたら流れ着いたすばらしいサイト。海外ではありますが、映画製作の流れ、映画の仕事など参考になるサイトです。海外での留学を考えている方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

■映画製作・その他
■映画製作に関する情報
■映画製作に関する疑問・質問
■映画製作に関する掲示板

■映画の過程(製作・配給・興行)について
映画の仕組みのページ
  1. ■映画の製作について
  2. ■映画の配給について
  3. ■映画の興行について

上へ戻る






Copyright (C) シネマワーカー(cinemaworker). All Rights Reserved.