映画の配給(宣伝・買い付け・配給契約など)について【シネマワーカー】

シネマワーカー〜映画について研究するサイト〜
来訪、ありがとうございます。
当サイトはリンクフリーです。
サイト内で使われている映画の「キーワード(職業・言葉・情報)」をチェック!


Home
このサイトについて
  サイトマップ
映画の仕組みとは?
  映画製作について
  映画配給について
  映画興行について
職業別「○○になるには?」
  映画監督
  映画俳優・役者
  脚本家・シナリオライター
  映画カメラマン・撮影監督
  照明技師・照明スタッフ
  美術監督・美術スタッフ
  映画スクリプター・記録
  編集技師・編集スタッフ
  映画配給会社に就職するには?
  映画翻訳家・字幕翻訳家
  その他の職業
映画業界に就職するには?
  映画界で就職・成功する秘訣
  ネットで探る映画の仕事情報
  映画に関する疑問・質問FAQ
映画関連リンク集
管理人の雑感日記
掲示板:みんなの映画フォーラム
映画に関するアンケート
シネマワーカーへのメール
映画業界就職に
役立つ本はコレ!

映画・映像業界就職ガイド 2010
映画検定を企画・運営したキネマ旬報映画総合研究所が編集。世界一歴史の長い映画雑誌・キネマ旬報のコネクションを最大活用!通常では手に入れることのできない最新情報、そして業界の本音の声が収録。10年版から新コーナーとして、最新の【映画業界10大トピックス】を掲載!わかりやすい解説とともに、面接で、筆記・作文問題などでライバルと差をつけられる業界知識満載!学生たちがもっとも頼りにしている映画・映像ダイレクトリーも掲載。スタッフ募集が一般公開されていないことの多い業界の中でどこに連絡すれば良いのかが一目瞭然!

図解入門業界研究
最新映画産業の動向と
カラクリがよーくわかる本
映画産業は、日本経済の重要な牽引役であるメディア産業の一角を担い続けています。本書は映画産業の最新情報と、業界の仕組みを解説した入門書です。近年は、欧米以外にも韓流、華流など、アジアからの配給も増え、一方で、輸出産業として日本映画が海外でも注目されるようになりました。本書は、その他、アニメ業界の実状、巨大な製作費をまかなうハリウッド型資金調達、映画コンテンツのマルチユース化やフィルムコミッションなど、ホットな話題を取り上げつつ、映画産業の現状と課題をつぶさに紹介。業界関係者や就職希望者はもとより、映画ファンにもおすすめの一冊です。

映画・映像業界就職ガイド 07
映画・映像業界で働きたい人はこの本から! 業界研究・採用情報・体験談をこの1冊に凝縮。映画業界のお仕事解説、人気企業の採用担当者と先輩社員へのインタビュー、業界人が語る欲しい人材・いらない人材、採用試験対策、主要会社ダイレクトリーなど、映画・映像業界で働くために、まず何をやるべきかが見えてくる1冊です。

映画・アニメ・CMの全仕事 (2006)
映画・アニメ・CM業界の仕事を関係者67名のインタビューを中心に職種&企業ごとに徹底解剖。

映画プロデューサーの基礎知識
これだけは知っておきたい、プロの映画人が教える映画作りのための知識とノウハウのすべて。映画プロデューサーをめざす人や映画産業に進出しようとする異業種の人にとって、映画ビジネスの一通りを理解する格好の入門書。

映画ビジネス最前線新たなる挑戦
数多くの映画を配給するギャガ・コミュニケーションズの挑戦。 急成長を遂げるギャガ・コミュニケーションズの実像と映画配給の面白さがまるごとわかる一冊。

映画プロデューサーが語る
ヒットの哲学
伝説の名プロデューサーが明かす、本当の映画ビジネスとは。映画宣伝マンから映画プロデューサーになった著者が明かす映画の哲学。

きらめく映像ビジネス
映画やテレビの作られ方をエンターテイメントビジネスとして考え、多様な映像ビジネスの魅力と内情をスミからスミまであますところなく網羅して解説した画期的な入門書。

コンテンツビジネスマネジメント
コンテンツプロデューサーのための初のテキスト。ゲーム、音楽から出版、映像、キャラクターまでコンテンツビジネスをどう管理するか。企画段階、製作段階、販売・投資回収までをライフサイクルの視点で分析、詳解する。

日本映画 逆転のシナリオ
ダメだといわれて数十年。日本映画ビジネスが面白い!興業・システムの面から見た日本映画界コンテンツビジネス最前線。




映画業界就職に
役立つ本はコレ!



映画の配給ってなんだ?
「配給」って言葉を映画ではよく聞きますが、
実際映画配給でどんなことが行われているかをみなさんはご存知でしょうか?
ここでは、そんな映画配給についてまとめてみました。

■ 映画配給の仕事って?
■ 映画配給の仕事1「買い付け」(配給契約)
■ 映画配給の仕事2「ブッキング」
■ 映画配給の仕事「チェーンについて」
■ 映画配給の仕事3「宣伝」
■映画配給に関するリンク
■映画配給に関する情報
■映画配給に関する疑問・質問
■映画配給に関する掲示板



映画配給の仕事って?
配給とは映画を買い、それを映画館で上映させる仕事ですが、
具体的には配給の仕事は大きく3つに分けることができます。

まず、製作された(もしくはこれから製作される)映画を買う、「買い付け」業務。

そして、買い付けた映画を公開する映画館を確保する、「ブッキング」(営業)業務。

最後に、その映画がヒットするように広く一般に広告、宣伝する、「宣伝」業務です。

(※配給の仕事は拡大系か単館系、また邦画か洋画かによっても大きく異なります)

映画配給の仕事その1 買い付け(配給契約)
まず、映画を買うとはどういうことかというと、その映画の権利を買う(契約する)ということです。この権利というのは、具体的にはその映画を映画館で上映する権利、ビデオやDVDにする権利、テレビや衛星放送で放送する権利などです。
(※こういったすべての権利が含まれたものをオールライツといいます。中には、劇場配給権のみといった部分的な契約をする場合もあります)

配給会社はこれら(権利)を使うことで収入を得るわけですから、どの映画を配給するかが配給会社にとって重要になります。

映画の場合、「これだったら絶対ヒットする!」という明確な基準がありませんから、配給会社の映画を見極める目(時代・ブームを読むセンス)が問われることになります。

「どの程度売れるのか?」
買い付けはこの誰にもわからないことにチャレンジする難しい仕事と言えます。

ねぇ、映画の売り買いっていうけど、映画ってどんなところで売ってるの?
うむ、映画は映画祭やフィルムマーケットなどで売っておる。有名なところだとカンヌ国際映画祭やサンダンス国際映画祭など、雑誌やニュースで見聞きしたことはないかな?これらの映画祭では映画を買いたい人売りたい人が集まって、大勢の人が映画について契約交渉をしておるのじゃ。

■ 映画配給の仕事その2 ブッキング(フリーブッキングとブロックブッキング)
つぎに配給会社は買い付けた映画を映画館に提供します。(買った映画を公開する映画館を確保します。)これをブッキングというのですが、ブッキングには二種類あります。ブロックブッキングフリーブッキングです。

簡単に説明すると
あらかじめ決まった何本かの映画が上映期間を決められ上映されるシステム
ブロックブッキングといい。これに対して

上映期間(初日と最終日)を決めずに映画が上映されるシステム
フリーブッキング
といいます。

ブロックブッキングは昔から邦画を中心に行われてきました。決められた複数の映画を決まった期間に上映するブロックブッキングはチケットの販売や宣伝がしやすく、配給側としてもいちいち作品ごとに映画館を確保する必要がないというメリットがあります。

しかし、まえもって上映期間を決めてしまっているためデメリットもあります。例えば、上映した映画が大ヒットしたとしても決まった期日が来れば、その上映を打ち切らなければいけなかったり、また逆に打ち切りたいほどお客さんが少なくてもその作品を、決められた期間通り上映しなければいけません。

一方、フリーブッキングはそういうことに対応できるのがメリットです。ヒットすれば上映期間を延ばしたり、お客さんが入らなければすぐ打ち切ったりできます。もちろん、フリーブッキングにも、作品ごとに映画館を確保しなければいけなかったり、また興行側からすれば安定して作品が供給されないなど、デメリットもあります。

ちなみに現在では東宝・東映の邦画系を除いたほとんどがフリーブッキングの興行システムになっているようです。

映画配給の仕事またその2 ブッキング(チェーンについて)
なるほど、ブッキングってのは映画を映画館に提供する仕事で、上映する劇場を確保するってことなんだね。・・・ええっ!でも、まさか・・・もしかして配給会社は映画館一軒一軒にそれぞれ交渉してるの?
ハッハッハ、いやそんなことはないよ。実は映画館にはチェーン(興行網)というグループのようなものがあってね、上映する映画はそのグループごとに決まっているんだ。

そうじゃ、チラシや前売りのチケット、看板などに「○○系でロードショー」というのを観たことはないかな?それが、チェーンなんじゃ。例えばAというチェーンで映画の公開が決まればAチェーンつながりの映画館は順次その映画を公開していく…という感じじゃな。
なるほど・・・言われてみれば、そんなものが書いてあったような・・・。
うむ、それがチェーン(興行網)なんじゃ。詳しくは「映画興行について」で説明するが、どこがどんな映画を上映するかは大体このチェーンによって決まっとるのじゃ。

実はこのチェーン、東宝洋画系とか松竹東急系など様々なチェーンがあるがチェーンの大きさは様々でな。全国で何百館という規模のチェーンもあればたった数十館規模のチェーンもあるんじゃ。だから、大作映画の時は配給会社の人たちはできるだけ大きなチェーンで自分たちの映画を公開しようと必死になっておるわい。
ふーん、そうだったのか。じゃあ、どこの映画館もこのチェーンには入ってるものなの?
いや、そんなことはないぞ。チェーンに属さない、いわゆる単館系、ミニシアターという部類の映画館もある。規模が小さくとも、適正公開ができれば、ビジネスとして成り立つし、熱烈なファンを獲得することも可能なんじゃ。
へぇ〜、単館系か・・・小さな規模でもちゃんとお客さんは入るものなんだね。
そうじゃ、そこで重要になるのが映画の宣伝という仕事じゃ

■ 映画配給の仕事その3 宣伝
私たちの身の回りの商品がそうであるように、映画も宣伝や広告がなければ成り立ちません。また配給会社は映画館と同じように、お客さんに映画を観てもらうこと(劇場、DVD、ビデオなど)で利益を得ているため、宣伝は非常に重要な仕事でもあります。

そのため配給では「いかにしてお客さんに映画を観てもらうか」が重要なポイントになっています。では、実際にはどのような宣伝が行われているのでしょうか?

よくある映画の宣伝
タイアップ(主題歌、車、時計など)、
マーチャンダイジング(写真集、サウンドトラック、原作本などの商品化)
ポスター・チラシ・予告篇の製作
製作発表記者会見、完成披露記者試写会&会見、プレス試写会、一般試写会、
前売りチケット管理
スター来日記者会見&イベント、舞台挨拶
アドバタイジング(新聞広告、TVスポット、雑誌広告、公共広告、ネット広告等)
パブリシティ(TV、ラジオ、雑誌、新聞、ネット等)
などなど…

※注意・・・宣伝内容は映画の規模や予算によっても異なります。

タイアップ
協力・提携して行うこと(宣伝)。主題歌であれば、映画「○○」の主題歌といったタイアップにより、その曲や歌手で宣伝効果が得られる。映画に登場する車やファッションなど商品がタイアップされることも多い。

マーチャンダイジング
いわゆる商品化。映画の場合、ノベルや写真集、サウンドトラック、キャラクター商品など。

アドバタイジング
宣伝活動。TVやラジオ、新聞、雑誌等に出す広告。あくまで注文なのでお金が掛かる。
特に、全国規模の新聞やTVスポットでは何千万というお金が必要だとか・・・・。

と、まあ実に様々な宣伝があります。実際には上記のほかにもDVDやビデオの宣伝、その他イベント活動等も含まれるそうですから、ものすごく大変な仕事のようです。

そのため、何本もの映画を抱える配給会社では専門の会社(映画宣伝会社や予告篇製作会社)に委託して、協力しながら宣伝をしているところもあります。

え〜〜、スゲ〜。
もしかして、この配給(宣伝)の人たちって、来日するハリウッドスターとかに会えるの?
うむ、会えるどころか滞在中のスターの付き添いをするのが仕事じゃ。
なんせ、スターにはたっぷり働いて、宣伝してもらわなきゃならんからのう。
!!き、決めた! 僕、将来は宣伝マンにな
おっと、言い忘れたが、実際にそんな仕事ができるのはほんの一部の人だけじゃ。
実際は地味な仕事も多く、大変な仕事なんじゃよ。
スターと一緒に働くというのは確かに夢のある話じゃが、憧れだけでは勤まらん仕事でもあるからのう、くれぐれも簡単に就職しようなどとは思わんほうがよいぞ。
う、・・そうだね。そんな単純な動機じゃ・・・苦しいよね。(・・・トホホ)

映画配給に関するリンク
なんだか私の説明じゃよくわからんという方に映画配給に関するサイトをご紹介。
■日本シネアーツ社 「洋画が日本で見られるまで」がわかりやすく説明されています。
映画の買い付けから通関や字幕業務、試写までの流れがつかめます。
■eigaf@n.com
・映画の豆知識
現役の配給会社の人が配給について書いてくれるすばらしいコラム。
配給会社に興味がある人は見ておきましょう。
■経済産業省
「コンテンツ産業政策」

・配給、マーケティング
製作に続き配給でもオススメのファイルです。PDFで読みにくいかもしれませんが、こちらも内容はさすがです。配給や興行の流れなどが実にわかりやすく書かれていますのでぜひ、ご覧になってみてください。
■画輪 GARRIN
・映画興行のシステム

・映画興行用語辞典
映画配給・興行について詳しく掲載されているサイトです。シネマワーカーより全然詳しく載っていますので興味のある人はぜひ。

■映画配給・その他
■映画配給に関する情報
■映画配給に関する疑問・質問
■映画配給に関する掲示板

■ 映画の過程(製作、配給、興行)について
映画の仕組みのページ
  1. ■映画の製作について
  2. ■映画の配給について
  3. ■映画の興行について

「映画業界就職」で売れてる本は?

上へ戻る





Copyright (C) シネマワーカー(cinemaworker). All Rights Reserved.