映画の美術監督(美術デザイナー)・美術スタッフになるには【映画関係の仕事とその就職方法】

シネマワーカー〜映画について研究するサイト〜
来訪、ありがとうございます。
当サイトはリンクフリーです。
サイト内で使われている映画の「キーワード(職業・言葉・情報)」をチェック!

Home
このサイトについて
  更新情報
  サイトマップ
映画の仕組みとは?
  映画製作について
  映画配給について
  映画興行について
職業別「○○になるには?」
  映画監督
  映画俳優・役者
  脚本家・シナリオライター
  映画カメラマン・撮影監督
  照明技師・照明スタッフ
  美術監督・美術スタッフ
  映画スクリプター・記録
  編集技師・編集スタッフ
  映画配給会社に就職するには?
  映画翻訳家・字幕翻訳家
  その他の職業
映画業界に就職するには?
  映画界で就職・成功する秘訣
  ネットで探る映画の仕事情報
  映画に関する疑問・質問FAQ
映画関連リンク集
管理人の雑感日記
掲示板:みんなの映画フォーラム
映画に関するアンケート
シネマワーカーへのメール

映画監督・キャメラマンになる
プロフェッショナル撮影技法
現場で自信をもって立てる!アメリカ映画界、最高のテクニックを400点以上に及ぶ図版を駆使して詳細に伝授。本気で映画を撮りたい人のバイブル!本書の基本コンセプトは、“監督にとってキャメラテクニックを知ることがどれほど重要なことなのか。またDP(撮影監督)はディレクティングのプロセスに興味を持つことがどれほど大事なことなのか”という課題を実感し、学ぶことである。

一人でもできる映画の撮り方
撮って、つないで、見せる!単独走破の映画製作、その全工程完全マニュアル。撮影テクニックからパソコン編集、アニメ製作、公開方法まで、この本こそがあなたの頼れるスタッフだ。第1章 基本カメラワーク篇
第2章 究極の撮影アイディア
第3章 レンズ・フォーカス技法
第4章 照明・色彩術
第5章 録音術
第6章 編集理論篇
第7章 編集実践篇
第8章 ダビング術
第9章 特殊効果・アニメーション
第10章 作品発表

映画・映像業界就職ガイド 07
映画・映像業界で働きたい人はまずはこの1冊から! 毎年好評の就職ガイドシリーズ最新刊。

映画・アニメ・CMの全仕事 (2006)
映画・アニメ・CM業界の仕事を関係者67名のインタビューを中心に職種&企業ごとに徹底解剖。

映画プロデューサーの基礎知識
これだけは知っておきたい、プロの映画人が教える映画作りのための知識とノウハウのすべて。映画プロデューサーをめざす人や映画産業に進出しようとする異業種の人にとって、映画ビジネスの一通りを理解する格好の入門書。

エンタテインメント業界就職2005
テレビ、ゲームなど全てのメディアを通じて私たちの見ている映像ソフトを創り、マルチメディア時代到来で活気づく、旬な映像業界のすべてを紹介。プロダクション会社への入り方、仕事の実際なども掲載。

映像プロフェッショナル入門
映画・テレビクリエーターのために
映像業界のクリエーターを目指す人必携!基本的な映像理論の解説から機材の操作、演出、シナリオ、音響、美術、編集、そして最新の特殊効果まで、本当に必要な映像知識・技術テキスト。

映画の美術監督(美術デザイナー)という仕事とその就職方法について
【美術監督・美術関連スタッフになるには?】
映画撮影に欠かせない職業のひとつが美術監督です。なぜなら、映画のイメージに合った風景・場所はそうあるものではないからです。美術監督は映画のイメージに基き、この風景・場所を実際に作るというお仕事です。

俳優以外の映像部分はこの美術監督によって作り上げられているといっても過言ではありません。そんな美術監督(プロダクションデザイナー)とは一体どんな職業なのかまとめてみました。

■美術監督(美術デザイナー)の仕事とは?
美術監督は映画のイメージに合った空間(風景・場所)を作る職業です。まれに映画の理想通りの場所が見つかるということもあるようですが、ほとんどの場合映画にあった空間(風景・場所)はこの美術監督(美術スタッフ)によってつくられます。

例えば、ひとつ部屋がつくられるにしても間取りやインテリア(家具・小物・装飾の種類配置等)によって、その印象はずいぶん異なります。

これらは、すべて適当に決められているわけではなく、その部屋に住む人物の設定やストーリーなど映画の設定・イメージに基いて設計されており、さらには役者が演じやすいか、撮影がしやすいか、など撮影全体に対する配慮も考えられています。

また、美術監督の仕事はスタジオのセット撮影だけでなく屋外のロケ撮影にも及びます。例えば、撮影シーンによっては木や花など植物が必要だったり、場合によっては道路や橋、ビルなど大きな建造物が必要になる場合もあります。

そういった際に、実際にそこに植物を植えたり、道路・橋・ビルなどを建てるのも美術スタッフの仕事です。(もちろん裏側の作られてない外見だけのハリボテの場合がほとんどですがまれに本物を建てることも・・・)

映画の世界観はこの美術監督の手によって作り上げられます。
映画の世界観を左右する重要な職業、それが美術監督です。

また、美術監督は映画における美術部門の総責任者、まとめ役でもあります。
映画の美術部は美術監督を頂点に

・大道具(装置)
・装飾(小道具)
・衣裳
・ヘアメイク
・持道具
・特殊美術


などに分かれており、それらスタッフをまとめ、セットの品質管理・美術予算の管理などをしているのが美術監督です。美術監督についてはこちらもどうぞ。
美術監督協会美術監督の仕事とは
※美術監督は美術デザイナー、海外ではプロダクション・デザイナーとも呼ばれています。

■美術監督(美術デザイナー)になるには?
美術監督には「大道具」や「装飾」を経て就く人が多いようです。一応、映画の美術部には大道具や装飾のほか衣装やメイクなどといった仕事もありますが、衣装やメイクさんなどから美術監督になるケースはほとんどないようです。

ですから、美術監督を目指す場合、「大道具」や「装飾」になるというのが一般的なコースといえるのではないでしょうか。

■大道具・装置
映画における「動かないもの」(家・建物・橋・トンネルといった装置・セットなど)を美術監督のデザインに基いて実際につくる仕事。カメラに写る部分だけをつくるので、実際に建物を建てるわけではないけども本物の大工、塗装にも通じるような仕事をするスタッフ。

■装飾・小道具
映画における装飾、小道具を管理する仕事。基本的に「動かせるもの」は小道具が担当する(逆に「動かせないもの」は大道具)ので、家具などのインテリアや車・飛行機などの乗り物から犬・猫といった動物までもこの小道具が担当する。


美術監督(美術デザイナー)への代表的な道のり
スタート
                              
あの手この手の人脈(コネ)現場の美術監督・スタッフへ師事
現場に飛び込む
(弟子入り)

関連会社製作会社プロダクション
美術関連会社
(プロダクション等)
(映画・CM・テレビ番組)
美術を学べる大学や専門学校
美術系大学・映像専門学校
(美術関連学校)

(コネ)
                              
【美術スタッフ助手】
                            
【大道具】 【装飾】
                            
美術監督!


■美術監督(大道具・装飾)になるために まとめ
映画のほとんどの仕事がそうであるように、やはり大道具や装飾といった職業も映画だけの仕事を、というわけにはいかないようです。現状ではそのほとんどが美術を専門に請け負う会社の社員だったり、フリーランスだったりで、映画以外の仕事もこなさなければならないようです。

映画会社の美術部に入るのが難しいことを考えるとやはりそういった美術関連の会社に入るのが、現時点での美術スタッフへの近道といえそうです。

(ちなみに、美術スタッフの助手はかなりハードな仕事のため、欠員による求人はけっこうあるそうです。美術関連会社の中には実務経験や学歴を重視しない会社もあるようなので、映画の中では比較的間口の広い仕事といえそうです)

「美術監督」で売れている本は?
映画「アート・建築・デザイン」で売れている本は?



上へ戻る


メニューへ戻る




映画業界就職に
役立つ本はコレ!

Copyright (C) シネマワーカー(cinemaworker). All Rights Reserved.