映画配給会社で働くには?【映画関係の仕事とその就き方】

シネマワーカー〜映画について研究するサイト〜
来訪、ありがとうございます。
当サイトはリンクフリーです。
サイト内で使われている映画の「キーワード(職業・言葉・情報)」をチェック!


Home
このサイトについて
  サイトマップ
映画の仕組みとは?
  映画製作について
  映画配給について
  映画興行について
職業別「○○になるには?」
  映画監督
  映画俳優・役者
  脚本家・シナリオライター
  映画カメラマン・撮影監督
  照明技師・照明スタッフ
  美術監督・美術スタッフ
  映画スクリプター・記録
  編集技師・編集スタッフ
  映画配給会社に就職するには?
  映画翻訳家・字幕翻訳家
  その他の職業
映画業界に就職するには?
  映画界で就職・成功する秘訣
  ネットで探る映画の仕事情報
  映画に関する疑問・質問FAQ
映画関連リンク集
管理人の雑感日記
掲示板:みんなの映画フォーラム
映画に関するアンケート
シネマワーカーへのメール
映画業界就職に
役立つ本はコレ!

映画・映像業界就職ガイド 2010
映画検定を企画・運営したキネマ旬報映画総合研究所が編集。世界一歴史の長い映画雑誌・キネマ旬報のコネクションを最大活用!通常では手に入れることのできない最新情報、そして業界の本音の声が収録。10年版から新コーナーとして、最新の【映画業界10大トピックス】を掲載!わかりやすい解説とともに、面接で、筆記・作文問題などでライバルと差をつけられる業界知識満載!学生たちがもっとも頼りにしている映画・映像ダイレクトリーも掲載。スタッフ募集が一般公開されていないことの多い業界の中でどこに連絡すれば良いのかが一目瞭然!

図解入門業界研究
最新映画産業の動向と
カラクリがよーくわかる本
映画産業は、日本経済の重要な牽引役であるメディア産業の一角を担い続けています。本書は映画産業の最新情報と、業界の仕組みを解説した入門書です。近年は、欧米以外にも韓流、華流など、アジアからの配給も増え、一方で、輸出産業として日本映画が海外でも注目されるようになりました。本書は、その他、アニメ業界の実状、巨大な製作費をまかなうハリウッド型資金調達、映画コンテンツのマルチユース化やフィルムコミッションなど、ホットな話題を取り上げつつ、映画産業の現状と課題をつぶさに紹介。業界関係者や就職希望者はもとより、映画ファンにもおすすめの一冊です。

映画・映像業界就職ガイド 07
映画・映像業界で働きたい人はこの本から! 業界研究・採用情報・体験談をこの1冊に凝縮。映画業界のお仕事解説、人気企業の採用担当者と先輩社員へのインタビュー、業界人が語る欲しい人材・いらない人材、採用試験対策、主要会社ダイレクトリーなど、映画・映像業界で働くために、まず何をやるべきかが見えてくる1冊です。

映画・アニメ・CMの全仕事 (2006)
映画・アニメ・CM業界の仕事を関係者67名のインタビューを中心に職種&企業ごとに徹底解剖。

映画プロデューサーの基礎知識
これだけは知っておきたい、プロの映画人が教える映画作りのための知識とノウハウのすべて。映画プロデューサーをめざす人や映画産業に進出しようとする異業種の人にとって、映画ビジネスの一通りを理解する格好の入門書。

映画ビジネス最前線新たなる挑戦
数多くの映画を配給するギャガ・コミュニケーションズの挑戦。 急成長を遂げるギャガ・コミュニケーションズの実像と映画配給の面白さがまるごとわかる一冊。

映画プロデューサーが語る
ヒットの哲学
伝説の名プロデューサーが明かす、本当の映画ビジネスとは。映画宣伝マンから映画プロデューサーになった著者が明かす映画の哲学。

きらめく映像ビジネス
映画やテレビの作られ方をエンターテイメントビジネスとして考え、多様な映像ビジネスの魅力と内情をスミからスミまであますところなく網羅して解説した画期的な入門書。

コンテンツビジネスマネジメント
コンテンツプロデューサーのための初のテキスト。ゲーム、音楽から出版、映像、キャラクターまでコンテンツビジネスをどう管理するか。企画段階、製作段階、販売・投資回収までをライフサイクルの視点で分析、詳解する。

日本映画 逆転のシナリオ
ダメだといわれて数十年。日本映画ビジネスが面白い!興業・システムの面から見た日本映画界コンテンツビジネス最前線。


映画配給会社の仕事とその就職方法
【映画配給会社に就職するには?】
映画を作るだけが映画の仕事ではありません。作られた映画をたくさんの観客に届けるというのも、また重要な映画の仕事の一つです。そして、それを行っているのが映画配給会社です。

私たち観客に映画を届ける配給会社とは一体どんなところなのか?
そしてどうすれば、配給会社で働けるのか。それについてまとめてみました。

■ 映画配給会社の仕事とは?
配給の仕事については大方「映画の仕組み〜配給について〜」で触れたとおりです。配給会社は配給を行っているわけですが、具体的な内容はその会社の規模により様々といわれています。

基本的には、大きな会社であるほど仕事は分業化されていて、扱う映画も多いため専門の会社(予告編製作会社や宣伝会社等)に委託する場合が多いようです。(逆に、小さな会社では1人のスタッフが買い付けから公開まで様々な仕事に携わるようです)

このように仕事内容は配給会社の規模によっても異なるので、特定の仕事がやりたい場合は十分注意する必要があるでしょう。

※ちなみに現在、配給会社にはこんな種類があります
■メジャー系邦画配給会社
東宝、松竹、東映など

■メジャー系洋画配給会社
UIP、20世紀フォックス、ワーナーブラザース、ソニーピクチャーズなど

■インディペンデント系配給会社
ギャガ、東宝東和、ヘラルドなど

■ミニシアター系配給会社
フランス映画社、シネカノン、アップリンク、ユーロスペースなど

■ 映画配給会社に就職するには?
配給会社への就職ですが、これといって特別な知識や資格は必要ないようです。あくまで、映画を扱うというだけで、就職は一般の企業と同じように試験や面接などで行われます。

映画配給会社への一般的な道のり
スタート
                               
映画とは無関係の職業から転職
他の職業からの転職
普通の大学・専門学校など
大学・短大・専門学校など
配給会社のアルバイトから
アルバイト
契約社員から

              
映画配給会社
配給会社
配給に携わる仕事!
現在、配給会社への就職は残念ながらとても難しいようです。(超難関だそうで…)

某配給会社によると10人前後の採用枠に毎年2万人以上も応募があるとのことですから、配給会社への就職が恐ろしいほど狭き門ということがわかります。おまけに、そういった定期採用を行っている映画配給会社はごくわずかしかなく、他の配給会社にいたってはほとんど定期採用や募集を行っていないのだそうです。

ただし、どの会社も欠員に伴う募集(中途採用など)はあるそうなのでそういったチャンスを活かせるかどうかが就職のポイントになりそうです。そのためには、とにかく情報を逃さないこと。ネットや新聞、広告、求人誌などに常に目を配り、追いかけていれば少なくともチャンスは広がりそうです。

また、アルバイトや契約社員から社員に昇格するケースもあるようなのであまり雇用形態にはこだわらないほうがいいかもしれません。特に欠員による募集では経験者優遇や縁故採用も多いようなので、そういう点でもアルバイトや契約社員で少しでも経験・人脈を積んでおいたほうがいいのかもしれません。

■ 映画配給会社に就職するには まとめ
映画配給会社への就職は現在とても困難です。就職するには

とにかく常に情報(求人募集等)を追うこと。
そして、率先して行動しアルバイトなどで経験・人脈(コネ)をつくり活用すること。


これが配給会社に就職するためのポイントではないでしょうか。
※(とにかく、その他大勢から抜け出す方法について考えましょう。他の人と同じことをしていてはまず就職できない、と考えておいたほうが良さそうです)


「映画業界就職」で売れてる本は?






上へ戻る


メニューに戻る




Copyright (C) シネマワーカー(cinemaworker). All Rights Reserved.