映画の照明技師・照明スタッフになるには?【映画関係の仕事とその就き方】

シネマワーカー〜映画について研究するサイト〜
来訪、ありがとうございます。
当サイトはリンクフリーです。
サイト内で使われている映画の「キーワード(職業・言葉・情報)」をチェック!

Home
このサイトについて
  更新情報
  サイトマップ
映画の仕組みとは?
  映画製作について
  映画配給について
  映画興行について
職業別「○○になるには?」
  映画監督
  映画俳優・役者
  脚本家・シナリオライター
  映画カメラマン・撮影監督
  照明技師・照明スタッフ
  美術監督・美術スタッフ
  映画スクリプター・記録
  編集技師・編集スタッフ
  映画配給会社に就職するには?
  映画翻訳家・字幕翻訳家
  その他の職業
映画業界に就職するには?
  映画界で就職・成功する秘訣
  ネットで探る映画の仕事情報
  映画に関する疑問・質問FAQ
映画関連リンク集
管理人の雑感日記
掲示板:みんなの映画フォーラム
映画に関するアンケート
シネマワーカーへのメール

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
本の購入はこちらもどうぞ
■ アマゾン
■ イー・ブックオフ
■ 楽天ブックス
■ クロネコヤマト・ブックサービス

映画・映像業界就職ガイド 07
映画・映像業界で働きたい人はまずはこの1冊から! 毎年好評の就職ガイドシリーズ最新刊。

映画・アニメ・CMの全仕事 (2006)
映画・アニメ・CM業界の仕事を関係者67名のインタビューを中心に職種&企業ごとに徹底解剖。

映画プロデューサーの基礎知識
これだけは知っておきたい、プロの映画人が教える映画作りのための知識とノウハウのすべて。映画プロデューサーをめざす人や映画産業に進出しようとする異業種の人にとって、映画ビジネスの一通りを理解する格好の入門書。

映画監督になる15の方法
映画監督になりたい。でもどうすればいいのか分からない。どうすれば映画監督になれるか、日本映画界で活躍する監督15人に聞く。

映像プロフェッショナル入門
映画・テレビクリエーターのために
映像業界のクリエーターを目指す人必携!基本的な映像理論の解説から機材の操作、演出、シナリオ、音響、美術、編集、そして最新の特殊効果まで、本当に必要な映像知識・技術テキスト。

巨匠たちの映画術
映画監督には「巨匠」と呼ばれる映像作家がいて、自分が作り上げた映像文体をかたくなに守り続けている。彼らは何を表現しようと思い、どのような方法を取ったのか。16人の巨匠から映像作りの基本を学ぶ。


照明技師・照明スタッフという仕事とその就職方法について
(照明技師・照明スタッフになるには?)
皆さんご存知の通り照明技師とは、映画の照明を担当しているスタッフのことです。といっても普段から映画を観るときにこの照明について、考えたり注目するという人は非常に少ないのではないでしょうか。

確かに目立つ仕事ではありませんが、映画をよ〜くみればそこには日常では決してあり得ない、映画特有の照明を発見することができるはずです。そして、その照明が映画に大きな影響を与えているのにも気付くことができます。

照明技師とは一体どんな職業なのか。また、どうすれば照明スタッフになれるのか?
それについてまとめてみました。
■ 照明技師(照明スタッフ)の仕事とは?
簡単にいえば照明技師は光と影をコントロールする仕事です。といっても、映像に映るものすべてに光と影があるわけですから、それがいかに大変な作業かわかってもらえると思います。その大変さは撮影現場のいわゆる「待ち時間」がこの照明セッティングのためにあるとまで言われているほどです。

たった1人の俳優、たったひとつの物でも、照明の当て方次第で伝わるもの(表情、雰囲気、印象)がまるで違ってきます。それをあらゆる対象(人・物)、カット・シーンで考え、調整していくのが照明というお仕事です。

映画にとって照明は苦労と時間の伴う、とても重要な仕事といえます。

※海外には照明部がない!?
日本の映画製作の現場では、撮影部とは別に照明部という独立した部がありますが、これは日本独自のシステムのようです。ハリウッドを含めたほとんどの国では、撮影監督(キャメラマン)が照明も担当するため、照明部自体がありません。(もちろん撮影部の中に照明を担当する職人さんはいます)

日本以外、特にハリウッドでは照明に関して仕事が分業化しているため、日本の照明技師のように1人で何役もこなすようなことはないそうです。国内外で働きたいと考えている人は制作上のシステムの違いについて十分に注意しましょう。

■ 照明スタッフ・照明技師になるには?
照明技師は照明に関する知識や技術、経験などが要求される職業です。そのため、照明技師を目指す場合はまずそういった知識や技術を学ぶことが最初のステップとなります。

最近では、映像系の学校を経て照明を目指す人が多いようですが、他にも照明関連会社等で知識や技術を学んだり、いきなり現場に飛び込んで見習から仕事を覚えていくなど、知識や技術を身につける方法はいくつかあるようです。

現役の照明スタッフさんの経緯を調べたところ、みんながみんな必ずしも映像系の学校を経ているわけではないようなので、経緯・学歴よりもむしろ現場で何を学び、どう表現していくかの方が重要かもしれません。(やる気の問題?)

ただ、照明の仕事は人脈(コネ)の影響がかなり大きいそうですので、そういった点では人脈・コネ(講師や先輩など)が得られる映像系の学校というのはそれなりに有効なコースといえそうです。

照明技師への代表的な道のり
スタート
                                
あの手この手の人脈(コネ)現場のスタッフへ師事
現場に飛び込む
(弟子入り)
照明の関連会社制作会社、照明プロダクション
照明関連会社
(機材・スタッフ等)
(映画・CM・テレビ番組)
照明を学べる大学、専門学校
映像系学校
(大学・専門学校等)

(コネ)
人脈(コネ)
                              
照明助手(見習い)
照明技師!

■ 照明技師(照明スタッフ)になるために まとめ
映画照明技師・照明スタッフへの道は映像系の学校、関連会社・現場で働くなどいくつかあるようです。どの進路を選んでも、必ずしも照明スタッフになれるというわけでもなく、また必ずしも照明スタッフになれないというわけでもないようです。

就職の成否は本人のセンス・やる気によるところも大きいようですが、やはり最後は人脈(コネ)が仕事に就くうえでの大きなポイントではないでしょうか。

人脈(コネ)を築き、活用すること。
そして、率先してとにかく現場で知識と技術を学び、経験を積むこと。


照明技師・照明スタッフになるにはこの点がカギになりそうです。















上へ戻る


メニューに戻る


PRサイト
仕事掲示板「みんなの就職活動日記」で、面接や会社について語り合おう
映画関係の仕事や映画関連会社の口コミ・情報サイト

スクール・講座情報なら「ケイコとマナブ」
映像や映画などのスクール・講座情報も掲載中!





Copyright (C) 2004-2006 シネマワーカー. All Rights Reserved.