シネマワーカーは映画(映画業界の仕組みや仕事、その就職方法など)についてさまざまな研究をしているサイトです

シネマワーカー〜映画について研究するサイト〜
来訪、ありがとうございます。
当サイトはリンクフリーです。
サイト内で使われている映画の「キーワード(職業・言葉・情報)」をチェック!

Home
このサイトについて
  更新情報
  サイトマップ
映画の仕組みとは?
  映画製作について
  映画配給について
  映画興行について
職業別「○○になるには?」
  映画監督
  映画俳優・役者
  脚本家・シナリオライター
  映画カメラマン・撮影監督
  照明技師・照明スタッフ
  美術監督・美術スタッフ
  映画スクリプター・記録
  編集技師・編集スタッフ
  映画配給会社に就職するには?
  映画翻訳家・字幕翻訳家
  その他の職業
映画業界に就職するには?
  映画界で就職・成功する秘訣
  ネットで探る映画の仕事情報
  映画に関する疑問・質問FAQ
映画関連リンク集
管理人の雑感日記
掲示板:みんなの映画フォーラム
映画に関するアンケート
シネマワーカーへのメール

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
映画・映像業界就職ガイド 07
映画・映像業界で働きたい人はまずはこの1冊から! 毎年好評の就職ガイドシリーズ最新刊。

映画・アニメ・CMの全仕事 (2006)
映画・アニメ・CM業界の仕事を関係者67名のインタビューを中心に職種&企業ごとに徹底解剖。

映画プロデューサーの基礎知識
これだけは知っておきたい、プロの映画人が教える映画作りのための知識とノウハウのすべて。映画プロデューサーをめざす人や映画産業に進出しようとする異業種の人にとって、映画ビジネスの一通りを理解する格好の入門書。

7つの習慣
成功には原則があった
本ものの成功、完全に充実した人生…。孤独な「自立」から豊かな「相互依存」へ現代人の生き方に革命をもたらした、画期的ベストセラー。

道は開ける
ストレスに悩む現代人に、悩みを解決する方法を教える古典的名著。具体的な技法の奥に、人間の弱さをあたたかくつつみこみながら、心の持ち方、人生への姿勢を語って、読者に自己変革への勇気を与える本書は、これまで無数の読者から感謝をもって迎えられ、いまなお世界各国でベストセラーを続ける驚異の書である。


映画業界に就職する秘訣、映画業界で成功する秘訣

■その1 秘訣について考えよう!
秘訣なんて書くのはちょっと大げさですが、まあようするに、

映画の仕事に就職するため、
あるいは映画の世界で成功するには一体何が大切なのか?
そして、何を優先すべきなのか?


ということについて考えよう。というのが、このページの主旨です。
なんでまた、そんなこと考えるのかというと、
なれるもんならあわよくば自分が・・・なんて気持ちもなくはないのですが、
それ以上に映画の世界って特殊な世界だなぁ・・・って思うからです。

例えば、映画監督。
世の中には映画監督になりたい人が腐るほどいます。
それに対して邦画の年間製作本数は約300本。これはすごい競争率です。

これをイス取りゲームに例えるなら、
たった300個のイスのまわりを何千、何万、何十万人が周っているような状況です。
ピッと笛が吹かれたとき、イスに座れる人なんてほんとうにわずか。
よほどの強運がないかぎりイスに座れるわけがありません。

でも、もしそんなとき、笛を吹く瞬間が少しでも予測できたら?
そして、イスの前をおそ〜く歩いたり、
お尻で相手をはねのけるようなテクニックがあったとしたら?
少しはイスに座れる可能性が高まるのではないでしょうか。

そんななんともいえないずる賢い?行為が私の考える秘訣です。
そんなのイス取りゲームの話で本当に映画の世界にあるのかよ。
なんて思う人もいるでしょう。ところが、本当にそんなことってあるんです。

こんなサイトをやるぐらいですから、私も映画関係者の成功例や就職の経緯についていろいろと調べるんですが、やっぱりそういう人たちは何かが違う。姿勢が違うというか、根性が違うというか、頭の大事なネジが一本外れてるというか・・・本当にそんな秘訣を見聞きしてしまうのです。

でなければ、まじめに映画の教育を受けた人たちを差しおいて、北野武やジェームズ・キャメロンのように、まともに映画の教育を受けていない人が映画監督として成功するわけがありません。(そう、言わばこの人たちはイス取りの天才なわけです)

いろいろと映画監督さんの経緯について調べたのですが、そこで目についたのは映画の才能というよりも、むしろこういった【イスを取る】才能のほうでした。
(もちろん、その後もイスに座り続けるには映画の才能も不可欠ですが・・・)

逆に、こうした秘訣のない(秘訣に気付かない?)人は、まじめに映画を学んでいても成功しないのではないでしょうか。私の研究からはどうもそんな感じがしてきました…。

もちろん、これはあくまで私の個人的な考えなんですが、もし本当に秘訣のようなものがあったら、それについて考えないのはもったいないと思います。そして、これは映画監督に限った話ではないようです・・・。

将来、「あの時、こうしておけばよかった…」、
なんて後悔しないためにも、ちょっとした工夫、
一体何が大切で、何を優先すべきなのか?

それ(秘訣)について、みなさんも考えてみてはいかがでしょうか。


上へ戻る


メニューに戻る



PRサイト
仕事掲示板「みんなの就職活動日記」で、面接や会社について語り合おう
映画関係の仕事や映画関連会社の口コミ・情報サイト

スクール・講座情報なら「ケイコとマナブ」
映像や映画などのスクール・講座情報も掲載中!