シネマワーカーは映画(映画業界の仕組みや仕事、その就職方法など)についてさまざまな研究をしているサイトです

シネマワーカー〜映画について研究するサイト〜
来訪、ありがとうございます。
当サイトはリンクフリーです。
サイト内で使われている映画の「キーワード(職業・言葉・情報)」をチェック!

Home
このサイトについて
  更新情報
  サイトマップ
映画の仕組みとは?
  映画製作について
  映画配給について
  映画興行について
職業別「○○になるには?」
  映画監督
  映画俳優・役者
  脚本家・シナリオライター
  映画カメラマン・撮影監督
  照明技師・照明スタッフ
  美術監督・美術スタッフ
  映画スクリプター・記録
  編集技師・編集スタッフ
  映画配給会社に就職するには?
  映画翻訳家・字幕翻訳家
  その他の職業
映画業界に就職するには?
  映画界で就職・成功する秘訣
  ネットで探る映画の仕事情報
  映画に関する疑問・質問FAQ
映画関連リンク集
管理人の雑感日記
掲示板:みんなの映画フォーラム
映画に関するアンケート
シネマワーカーへのメール

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
映画・映像業界就職ガイド 07
映画・映像業界で働きたい人はまずはこの1冊から! 毎年好評の就職ガイドシリーズ最新刊。

映画・アニメ・CMの全仕事 (2006)
映画・アニメ・CM業界の仕事を関係者67名のインタビューを中心に職種&企業ごとに徹底解剖。

映画プロデューサーの基礎知識
これだけは知っておきたい、プロの映画人が教える映画作りのための知識とノウハウのすべて。映画プロデューサーをめざす人や映画産業に進出しようとする異業種の人にとって、映画ビジネスの一通りを理解する格好の入門書。

7つの習慣
成功には原則があった
本ものの成功、完全に充実した人生…。孤独な「自立」から豊かな「相互依存」へ現代人の生き方に革命をもたらした、画期的ベストセラー。

道は開ける
ストレスに悩む現代人に、悩みを解決する方法を教える古典的名著。具体的な技法の奥に、人間の弱さをあたたかくつつみこみながら、心の持ち方、人生への姿勢を語って、読者に自己変革への勇気を与える本書は、これまで無数の読者から感謝をもって迎えられ、いまなお世界各国でベストセラーを続ける驚異の書である。


映画業界に就職する秘訣、映画業界で成功する秘訣

■その3 本気について考える!?
映画業界で働く(成功する)秘訣というと、何か特別なことを想像してしまいがちですが実はけっこう基本的なことだったりします。

中でも、とりわけ多いのが【精神論】的な秘訣です。
例えば…

「自分を信じること」
「あきらめないこと」
「努力すること」
....などです。

こういった精神論は抽象的なうえ、大抵のことにも通じるので、どうしてもきれいごとのように聞こえてしまいがちですが、映画業界でこういった秘訣が多いのにはちゃんとした理由もあります。

ひとつは、競争が非常に厳しいということ。
そしてもうひとつは就職方法があまり明確ではないということです。

こういった点(つまり自主性・行動力がすごく求められる点)を考えれば、なぜ精神論的な秘訣が多くなるのか?、もなんとなく理解できます。

「『こうすれば俳優になれる。』なんてものはない。
ただどれだけ本気で俳優になりたいかだと思う。
それでその人の行動力が決まる。」


とは、某テレビ局プロデューサーの言葉ですが
これは俳優だけでなく多くの映画の仕事にもあてはまりそうです。

どんな精神論も(信じることも、あきらめないことも、努力することも)
本気でなければできないことばかりですから、
映画業界で働く一番の秘訣はまず「本気になること」かもしれません。

ただ、単純ではあっても簡単ではないのが【精神論】です。
現実問題として誰もがそう簡単に「本気」になれるわけではないと思います。

例えば、収入にしても映画の仕事ならタダで働けると言う人もいれば、人並み以下の収入になってまで映画の仕事に就きたくないという人もいると思います。

住む所にしても映画の仕事のためならアメリカでも香港でも世界中どこでも行けるという人もいれば、地元から離れてまで映画の仕事に就きたくないという人もいるでしょう。

その他にも年齢や自尊心、仕事の環境や内容、様々なことにどこまで本気になれるのか。「本気になる」というのは想像以上に難しいことだと思います。

特に映画の場合、華やかな面ばかりが先行しがちですから、映画の世界を目指す人は自分がどれだけ本気なのか、どこまで本気になる必要があるか、よく考え自覚しておいたほうがいいかもしれません。

「無理」
「恥ずかしい」
「めんどくさい」
「つらい」

こんな言葉が思い浮かんだ時が「本気」について考える良い機会です。


と、管理人が言っても説得力なさそうなので、
素敵な先輩方からの精神論(映画業界で成功するアドバイス・秘訣)をどうぞ。


「常に感動する演技を求め、自分を信じること。
そして、与えられた仕事に努力を惜しまないこと。」
トム・クルーズ



「20代の時、僕は世界で最悪に運のない男だった。
希望と夢とやる気以外なにもなかった。
僕の人生で唯一誇れるのはその時にギブアップしなかったことだ。
あとで収穫が欲しいなら、今から種を蒔いておくことだよ。」
クエンティン・タランティーノ


「恐れずに挑戦すること。
そして、大切なのは純粋な気持ちで臨むことだ。
観客の反応も予想できず一見、非常識に見えても、
自分の感性を信じベストを尽くすこと。
そうして初めて他人と違うものが作れるんだ。」
ロバート・デ・ニーロ


「キチガイ染みた領域まで自分を信じること。
そこまで信じて初めて道が開ける。」
北村龍平


「自分を信じる事。
そして、本当になりたいものになるのに妥協しないこと。」
ニコール・キッドマン


「とにかく耐えることだね。」
トム・ハンクス



研究のまとめ(おさらい)
本気になること自体は秘訣とは言い難いけれど、様々な秘訣を実行するには本気になる必要があるので、実質的には本気になることが秘訣といえる。特に映画の仕事は、本気になれるかどうかが成否の鍵を握っているので、自分がどこまで本気になれるのか、どこまで本気になる必要があるのか、についてしっかり考えよう。


上へ戻る


メニューに戻る


PRサイト
仕事掲示板「みんなの就職活動日記」で、面接や会社について語り合おう
映画関係の仕事や映画関連会社の口コミ・情報サイト

スクール・講座情報なら「ケイコとマナブ」
映像や映画などのスクール・講座情報も掲載中!





Copyright (C) 2004-2006 シネマワーカー. All Rights Reserved.